MENU

NEW

POSITION

荻窪の「格」

大田黒公園(2021年11月撮影)現地より約380m

善福寺川邸宅街の頂「荻窪」

住宅地概念図

明治22年、JR中央線「荻窪」駅が開業。
その後、関東大震災の疎開先として
荻窪周辺に多くの文芸人が集まり発展していきました。
昭和の時代に入り、
善福寺川を遡るように名士達がこぞって別荘を建て、
特に善福寺川の荻の原越しに
富士山の景色が楽しめた荻窪は人気の地となり、
今の荻窪邸宅街の源となりました。
善福寺川沿いに遡ってきた別荘邸宅地の歴史と、
中央線沿いに下ってきた文芸の歴史的交点
近代日本の偉人達が愛した地 
それが荻窪の格を成しています。

現地周辺航空写真

「ヴィークコート荻窪四丁目」は、
駅徒歩3分という都市機能を
存分に享受するエリアと、
大田黒公園や荻外荘、
角川庭園がもたらす自然に恵まれ、
穏やかな住宅街エリアの境界に立地。
邸宅の所在地として求められる機能性と
情緒性を高いレベルで実現する
得がたい住環境を手にしています。

荻窪の粋を生みだした文化人

井伏鱒二

与謝野晶子

太宰治

写真出展:国立図書

名士達の別荘邸宅の歴史とは別に、
中央線沿いに移り住んだ多くの文化人達は、
後世に残る作品を生みだすと共に、
荻窪の風土そのものも育んでいきました。
文芸はもちろん、多彩な食文化や音楽など
数多くの文化をこの地に遺しました。

※掲載の住宅地概念図は地図を基に描き起こしたもので実際とは異なります。
※各施設への徒歩分数は80mを1分として算出しています。現地からの距離は地図上の概測です。
※掲載の空撮写真(2022年2月撮影)はCG処理を施したイメージで、実際のものとは異なります。また、現地を表現した光は規模や高さを表したものではありません。